査定

査定 · 2020/04/30
近傍同種の建物その他の工作物の取引の事例がない場合においては、前条の規定にかかわらず、取得する建物その他の工作物に対しては、当該建物その他の工作物の推定再建設費を、取得時までの経過年数及び維持保存の状況に応じて減額した額をもって補償するものとする。

査定 · 2020/04/27
再開発地域内の土地や建物(従前資産といいます)の権利者は、等価交換によって新しく建設される建物(従後資産といいます)の権利を取得することができます。

査定 · 2020/04/23
「GINZA SIX」や「虎ノ門ヒルズ」は市街地再開発事業によって生まれました。高度利用が阻害されている地域が、都市計画事業によって再生されています。

査定 · 2019/06/04
国、都道府県、市区町村などが管理している道路、国道、県道、都道、区道、私道などはが公道となり、道路種別は建築基準法第42条1項1号(以下1項1号道路)に該当します。1項1号道路以外はすべて私道扱いになり、道路の底地の権利者が地方公共団体等の公有地であったとしても、私道になります。

査定 · 2019/02/10
限られた予算の中で、不動産の購入を検討する際、不動産のポータルサイトなどで相場よりも著しく安い物件を見つけることがあります。安さの理由としては、以下の要因などが考えられます。

査定 · 2019/02/03
自宅として不動産の購入を検討する際、戸建にするかマンションにするかを検討することになります。マンションは容積率の高い駅至近に建てられることが多いため、交通利便性を求める場合有力な候補となります。マンションは登記法上「区分所有建物」といいます。

査定 · 2019/02/02
不動産鑑定評価基準によると収益還元法とは「対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法である。この手法による試算価格を収益価格という。とあります。

査定 · 2019/02/02
限られた予算の中で、不動産の購入を検討する際、不動産のポータルサイトなどで相場よりも著しく安い物件を見つけることがあります。安さの理由としては、以下の要因などが考えられます

査定 · 2019/01/26
将来のことわ誰にも分からないのが真実です。AIやデータマイニングなどの技術の進歩は著しいですが、リソースが過去のデータに依存しているため、過去はこうだったから、今後もこうなるだろうという推測の域を出ないような気がします。

査定 · 2018/06/23
下記のような法律があります。この法律は強行規定ですので、契約書の記載事項よりも優先されます。 〇借地借家法第32条1項...

さらに表示する