不動産 · 2019/02/12
不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社などに勤務し、不動産を扱う場合の必須業務の一つに現地調査があります。まずは物をみることが最優先です。数多くの物件をみることで価値判断の基軸が形成されます。

不動産 · 2019/02/12
不動産の世界では、「相場」などの言葉があるとおり、感覚や雰囲気で値付けする慣習があります。今まで感覚で行ってきた値付けの世界も、ちゃんとした根拠を示すことが求められています。特別な技術やソースがなくても、オープンソースを活用し、基本的な統計の手法を活用することで、十分説得力のある資料を作成することができるようになります。

不動産 · 2019/02/11
不動産の税金は、取得時、保有時、売却時とそれぞれのステージごとに発生します。課税主体も、国、都道府県、市区町村に分かれます。また、税金を納める方法には、申告納税方式と賦課課税方式の二つの方法があります。主な税金の種類として、不動産取得税、固定資産税、所得税などがありますが、住宅ローン減税など時限立法による制度もあります。

不動産 · 2019/02/11
不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社などに勤務し、不動産を扱う場合の必須業務の一つに謄本調査があります。土地であれば所在、地目、地積、権利関係等、建物であれば所在、家屋番号、構造、階数、床面積、権利関係等を調べることができます。但し、謄本には公信力がありません。真実の権利関係と必ず一致するものではないことに注意が必要です。

不動産 · 2019/02/11
不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社などに勤務し、不動産を扱う場合の必須業務の一つに行政調査(役所調査)があります。特に不動産会社の新人は行政調査から不動産の業務が始まるケースが多いです。

不動産 · 2019/02/10
借家権とは借地借家法(旧借家法)が適用される建物の賃借権のことです。借家権は、賃借権の登記(民法第605条)又は建物の引渡し(借地借家法第31条第1項)により対抗要件 を具備し、契約の解約には、賃貸人側に「正当事由」が必要となります(借地借家法28条)。

査定 · 2019/02/10
限られた予算の中で、不動産の購入を検討する際、不動産のポータルサイトなどで相場よりも著しく安い物件を見つけることがあります。安さの理由としては、以下の要因などが考えられます。

査定 · 2019/02/03
自宅として不動産の購入を検討する際、戸建にするかマンションにするかを検討することになります。マンションは容積率の高い駅至近に建てられることが多いため、交通利便性を求める場合有力な候補となります。マンションは登記法上「区分所有建物」といいます。

査定 · 2019/02/02
不動産鑑定評価基準によると収益還元法とは「対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法である。この手法による試算価格を収益価格という。とあります。

査定 · 2019/02/02
限られた予算の中で、不動産の購入を検討する際、不動産のポータルサイトなどで相場よりも著しく安い物件を見つけることがあります。安さの理由としては、以下の要因などが考えられます

さらに表示する