葬儀

全国的な葬儀費用の平均は約120万円ですが、最近では直葬などシンプルな葬儀を選択するケースが増えつつあります。

 お通夜や告別式などはおこなわない火葬のみの直葬であれば、自分でおこなうことも十分可能です。ご遺体の搬送や遺骨のとりあつかいなどは、必要に応じて専門の業者に依頼することでご負担は軽減されます。


葬儀のステップ

前提条件:お通夜・告別式をおこなわない直葬。墓地の必要がない散骨。

期限 内容 概要

主な

登場人物

コスト感
被相続人の死亡

医師から死亡診断書を受け取ります。

※病院での死亡を想定しています。

病院 3,000円
火葬場の予約 住民基本台帳に登録のある自治体の火葬場を予約します。 役所  
棺の準備    自分 20,000円
搬送車の準備 棺を搬送できる車を準備します。レンタカーの場合は遺体の搬送が可能か、利用規約を確認します。 自家用車  
火葬場への搬送※

病院で死体処置し、完全防水仕様のシーツで遺体を包みます。車内で動かないように固定する。

火葬場

死体処置:

10,000円

防水シーツ:

4,000円

オムツ:

1,500円

火葬場で安置   火葬場 3,000円×2日
骨壺の準備   自分  2,000円
火葬日前日迄

役所に死亡届を提出

火葬許可証を受取。火葬前日までにおこないます。 役所 1,000円
火葬場に火葬許可証を提出し、火葬料金を支払う   役所 0~10,000円
死亡後24時間以降 火葬   火葬場  
火葬場で収骨  火葬場で収骨するか、遺骨を火葬場で処分してもらえれば、葬儀のステップはここで完了します。 火葬場  
埋葬許可証の受取   火葬場  
散骨 墓地、墓石も不要です。 散骨業者 30,000円
2年以内 葬祭費、埋葬料の請求

国民健康保険に加入の場合は、役所に申請します。

※社会保険に加入の場合は、勤務先または社会保険事務所に申請します。

役所他 △50,000~60,000円
      合計

約3~5万円

※ 自宅安置ではなく、火葬場の安置室利用を前提とする