· 

土地の財産評価と時価

土地の価格にはいくつかの種類があります。地価公示価格、路線価評価、固定資産税評価、市場価格(時価)、鑑定評価等々。上記のうち、相続の場面で必要になる価格は2種類あります。路線価評価と市場価格です。
※土地は路線価地域を前提としています。
路線価評価は地価公示価格の8割程度ですから、市場価格よりも低くなります。
路線価評価とは相続税の基礎となる財産評価を行う際に、財産評価基本通達に基づいて評価された土地価格です。つまり相続税を計算するための価格です。市場価格はいわゆる時価です。いま売ったらいくらかをあらわした価格です。不動産業者や不動産鑑定士に相談します。
路線価評価をベースに遺産分割協議をおこなうと、土地の評価を時価より低く見積もってしまうため、正確な分割ができなくなります。相続財産が金融資産3000万円、土地の路線価評価3000万円の場合、相続人がA・Bの2人のケースで、Aが金融資産をBが土地を相続したとします。
土地の市場価格が4000万円だとした場合、均等な分割にはなりません。相続人Bが単純計算で1000万円おおく相続したことになります。実際には、不動産の場合売却期間が長くなる、売却には仲介手数料などの諸費用が必要になるなど、金融資産とは単純に比較できない部分もあります。
遺産分割協議の段階では市場価格をもとめ、相続税の申告の段階では路線価評価をもとめます。
地価の高い都心部では、路線価評価と市場価格の乖離がおおきくなります。
繁華性の高い商業地では、市場価格が路線価の3倍以上になるケースもあります。