· 

不整形地の魅力

総務省の住宅・土地統計調査によると、平成25年の空き家は820万戸となっています。

 

人口と世帯数の減少により、今後空き家は増加していきます。空き家が増加するということは、不動産の供給過多ということですから、不動産の価値は長期スパンで見ると下落していく可能性が高いといえます。不動産を買うなら、売るときのことを考えて検討した方がいいでしょう。と同時に、価値が下がるという前提の中であえて購入するのであれば、なるべく安いものを探した方がリスクヘッジになります。

 

同じ区画にある土地でも、整形な土地と不整形な土地では評価が異なります。整形な土地が3000万円で不整形な土地が2000万円だとした場合、価値が50%下落した場合の損失は整形地の方が500万円も大きく下落します。

 

ランニングコストの面ではどうでしょうか。固定資産税と都市計画税は固定資産税評価額に一定の税率を乗じて計算されます。この固定資産税評価額も整形地と不整形地で評価が異なります。不整形地の方が評価が低いため、ランニングコストは低くおさえらえます。そして、最後が相続です。相続税の財産評価は財産評価基本通達に基づきますが、整形地と不整形地で評価が異なります。不整形地の方が低く評価されるのです。整形地だったために、基礎控除額を超えてしまい、申告が必要になるといったケースも想定されます。

 

不動産の市場価値は効用に現れます。確かに、整形地の方が日照や通風などの条件はいいかもしれませんが、接道条件さえクリアしてれば、不整形地であっても、建物は建てられるし、駐車もできます。暮らしていく中では整形地も不整形地も効用に大きな違いを感じないように思うのです。多少不細工かもしれませんが、長く付き合うなら、不整形地もありなのかもしれません。