床面積の調査

床面積

不動産登記法と建築基準法で床面積の定義が異なります。遵法性の判断は建築基準法の床面積で行いますが、実務上は全部事項証明書記載の床面積で判断するケースが多くなります。相違点を把握することが重要です。

 

不動産の行政調査

不動産の行政調査

不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社などに勤務し、不動産を扱う場合の必須業務の一つに行政調査(役所調査)があります。特に不動産会社の新人は行政調査から不動産の業務が始まるケースが多いです。

不動産の現地調査

不動産の現地調査

不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社などに勤務し、不動産を扱う場合の必須業務の一つに現地調査があります。まずは物をみることが最優先です。数多くの物件をみることで価値判断の基軸が形成されます。


不動産登記の調査

不動産登記の調査

不動産業、建設業、金融機関、不動産調査会社、不動産鑑定会社などに勤務し、不動産を扱う場合の必須業務の一つに謄本調査があります。土地であれば所在、地目、地積、権利関係等、建物であれば所在、家屋番号、構造、階数、床面積、権利関係等を調べることができます。但し、謄本には公信力がありません。真実の権利関係と必ず一致するものではないことに注意が必要です。

不動産の税金

不動産の税金

不動産の税金は、取得時、保有時、売却時とそれぞれのステージごとに発生します。課税主体も、国、都道府県、市区町村に分かれます。また、税金を納める方法には、申告納税方式と賦課課税方式の二つの方法があります。主な税金の種類として、不動産取得税、固定資産税、所得税などがありますが、住宅ローン減税など時限立法による制度もあります。

 

不動産の統計

不動産の統計

不動産の世界では、「相場」などの言葉があるとおり、感覚や雰囲気で値付けする慣習があります。今まで感覚で行ってきた値付けの世界も、ちゃんとした根拠を示すことが求められています。特別な技術やソースがなくても、オープンソースを活用し、基本的な統計の手法を活用することで、十分説得力のある資料を作成することができるようになります。